絵&木 › その他 › 明治大学マンガ図書館

2011年11月26日

明治大学マンガ図書館

テレビドラマ「鈴木先生」の原作は武富健治さんのマンガ。
それだけではとりたてて興味を持っていたわけではなかったが、武富さんの少年期の頃に描いたものなど多く出品されてるという事を新聞記事で読んでいて、東京へ出かける機会があったら寄ってみようと思っていた。
昨日行ってきました。彼の履歴を見ると、自分との共通点をいくつも感じました。あー、漫画家アシスタントくらいやっておくんだったなあ。
「武富健治の世界展」は明治大学米沢嘉博記念図書館で行われており、7年前くらいにお亡くなりになった米沢さんはコミックマーケット開設の発起人だった、という事を初めて知りました。これは思いがけない驚きでした。
私はあるマンガ同人誌に加入していて第1回コミックマーケットにも参加していました。という事はおそらく米沢さんとも会っているはず。
コミケの創世期の歴史を見て懐かしい名前などいくつか思い出されました。
またいずれゆっくりと行ってみたい。

このレシートは係りの方と当時の事を少しお話したら、記念にと渡してくれました。

coment.No326~



この記事へのコメント
忙しくて久しくパソコン開くことなく・・・
久しぶりにブログ拝見!
先生ってやっぱり本業?ナニヤさん??
いろいろなことに、マニアックで・・・!!
いつのまにか、カウンタで盛り上がっていまして、
びっくり(*_*;
Posted by ake at 2011年11月26日 18:43
このブログは木に関する事をメインにしようと思ってますが、やはりたまに他の事もほおりこんでしまいます。
オタク人間だということは否定できませんね。
小学校4~5年生くらいからずーっと漫画家に憧れてます。
今でもまだその思いが少し残ってますし、若い頃最大限の努力をしなかった事を悔いたりしてます。
飲食店を始めた後30代後半に投稿して落とされた事もあります。そこで年齢的にラストかな?と思いました。
プロになってる方はめげずに何度もチャレンジしてるか、その業界にしがみついて居続けていたりします。

akeさんもカウンタナンバーにちゃんと含まれてますからね。
Posted by ユウユウ at 2011年11月26日 19:29
この前わかっていれば寄って行きましたね
又の機会の楽しみにとっておきます
Posted by きゅー at 2011年11月27日 19:42
きゅーさんなら何に興味を示し、どんな反応するんだろうって、時々思いましたよ。
Posted by ユウ at 2011年11月27日 20:00
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
明治大学マンガ図書館
    コメント(4)