絵&木 › クラフト › 焦がし絵

2011年11月15日

焦がし絵

壊れて使えなくなってしまった電熱ペン。
でもスイッチを入れると、ちゃんとランプはついている。
ペン先をよく見ると、欠けてる事に気づいた。
つまり、電流が切断されてるのではないか?
本体は大丈夫だから、ペン先だけ代えれば大丈夫かもしれない。
ネットでペン先を捜した。メーカー品があったが品物代600円、送料800円。
もっと安いのは?アマゾンでしたね。品物代410円、送料100円
届いたペン先を付けてみた。焼ける匂い。復活!やったー!
何か描きたい。厚めの板を切る。
描いたのは木彫り風の顔。
ペン先は4種類。4本のうちの1本は使っている。
右上のが欠けてたものです。
アクセントになるので、節の見える部分を使いました。
使い道はありません。ただ飾っておくだけです。



キャラクターは白土三平「忍法秘話」に出てくる「大摩のガロ」
雷に打たれ、他人の心が読み取れるようになったガロは無敵。
次々と放たれる刺客を難なく打ち破っていく。
ストーリーで面白いのは、彼は子供達を集め教育を施すのである。
その様子を見て、彼にとっての弱点は子供だと気づいた暗殺団は、子供達に催眠にかけガロを襲わせる。
教え子の子供達を殺す事が出来ないガロは、命を失うという悲しい話です。
このガロが大好きな忍者なのです。
もう1人カムイ外伝に出てくる「四つ」
彼は生まれながらにして手が4本あり、それを生かし忍者の世界で無敵になる。
が、ゆるキャラで楽天的な性格なのです。
あ・・・マンガの話で熱くなってしまった。(オタクさんが出てしまった^_^;)



この記事へのコメント
これって白土三平より
白土三平らしいですよ
Posted by きゅー at 2011年11月16日 19:46
身に余る賛辞ですね。
マンガに関しては同類項と思っているきゅーさんのコメントだから、よりうれしいです。
Posted by ユウ at 2011年11月16日 22:13
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
焦がし絵
    コメント(2)