絵&木 › 2011年11月01日

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年11月01日

マイナーな動物

このブログではないのですが、昔の話が多い、と指摘された事があります。思い出話ですね、年をそれだけ経ているので仕方ないよね、とも付け加えられました。
やはり昨日の玉手箱と同時期の頃のスケッチブックを引っ張り出し、それに描いてあった動物を元にパズルを作成してみました。
ついでに使用した板も当時の頃のもので、日焼けしていて新鮮さに欠け、香りも飛んでいるので商品としては使用できません。
元々固めの木材のうえ、かなり乾燥しているので堅くミシンソーの刃が反動ではねつけられます。
カットしていて当時の伝わってきた感覚を思い出し、懐かしくなりました。
そうそう、この板はこんな反発があった。
おそらく栂だと思います。
ヤマアラシのカットで刃を2本折りました。さすが、ヤマアラシ!ヤラレタ!
通常なら20~30個くらいはカットできる刃があれよという間に切断。
鋭角の角度の切断は負担がかかるのです。
うう、もったいない。
ヤマアラシは当初、ゾウ、ペンギンなどと一緒でプレゼントリストに入れていて、結構お気に入りデザインだったのですが、お客さんの一言で却下しました。
トゲトゲがとがりすぎていて危ないのです。
その他のマイナーな動物は、スケッチしたままで、1度も作った事はありませんでした。
今回初めて日の目をみたわけです。
スケッチからそのまま描き写し作ったので、デザインなどおかしいかな?という点も見直しはしていません。
ヤマアラシ以外の動物は名前を当てて下さい。

何じゃ、こりゃ?形おかしいんじゃない?

わかってほしい

とかげじゃないよ
  

Posted by ユウ at 19:49Comments(13)組み木