絵&木 › こどもの絵
サイトはこちらです。
木のパズル工房ぱれっと

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2012年06月12日

一枚の繪

「一枚の繪」という月刊誌を数年間購入し続けていた時期がある。
中でも気に入っていたのが藤岡心象さんの描くこどもの絵。
前橋に「一枚の繪」展が来た時がある。
藤岡さんの絵が10号20万位の値がついていたと思う。
欲しいなあ、どうしようかと迷った末、よし購入しようと思い出かけていったが、すでに売却済み。
購入しようとの決心は他の画家の作品にすり変わった。
その後、藤岡さんの作品の値段はうなぎのぼり。
この雑誌の表紙の作品は8号で125万の値がついていた。
今ではもっと高くなってるのかな?
(後で調べたらそうか、この時期は絵画もバブル期だったようです)
雑誌の管理が悪いから右側が日やけしていますね。
  

Posted by ユウ at 23:34Comments(0)こどもの絵

2012年06月04日

子供さんの絵描きます!


グンブロで「絵記」のサイトを開設されているキューピーさんに、写真を元に絵を描いていただけます。
無料なので是非送って下さい。
宛先は
pallet@wind.ne.jp
元の写真と絵は下記サイトに掲載させていただきます。
お名前、その他の情報は載せません。

「子供の絵」
http://www.facebook.com/kodomonoe  

Posted by ユウ at 09:33Comments(4)こどもの絵

2012年05月14日

子供さんの絵描きます!



今回の絵はグンブロ「絵記」のキューピーさんの描かれた絵を拝借しています。

お子さんの写真を送ってくだされば、こんな感じの絵をキューピーさんが無料で描きます。
送ってくださった写真は全部描くそうです。
そして描かれた絵はfacebook上かキューピーさんの「絵記」で掲載予定です。
facebook「子供の絵」↓
http://www.facebook.com/#!/kodomonoe
「絵記」↓
http://mo1128.gunmablog.net/
写真の送り先は
pallet@wind.ne.jp
当てにお願いします。
掲載は写真と描いた絵、両方です。
お名前はペンネームだけでもかまいません。
お待ちしています。  

Posted by ユウ at 21:07Comments(0)こどもの絵

2012年04月09日

個性と複製


少しずつ作っていたものが結構いっぱいになりました。
使い道をあれこれ考えてます。
おまけにしようか?
つかみどりプレゼント?
こんなの欲しがる人いる?
これを使って動画を作成し、youtubeにアップしてみようか、とか考えてます。
バックグラウンドミュージックはモーツァルトのおもちゃの交響曲あたりでどうだろうか?
クレヨンや鉛筆、マジックで当たりかまわず描かれた絵が切り抜かれ木のおもちゃになり、遊びだす。喧嘩する。
今までの動物は複製ですが、これはひとつひとつ個性を感じてしまいます。
だからこんなちっちゃなものでも、よりちょっと愛着が沸いてしまうのかな?
  


Posted by ユウ at 19:13Comments(0)こどもの絵

2012年03月30日

ワカランチパズル

子どもの絵を元にしていくつか作ってみましたが、わりと楽しめました。
半端な端材は今まで捨てていましたが、空いた時間にわけのわからないものを描きこみ溜め込んでおきました。
今までは何々の動物だとか意識していたのが、なんでもかまわないので描いていて楽しい。
そしてカットする時も同じ。カットするのがずれていびつになっても気にする必要がない。
そんなでちょっといろんなパターンができました。

そんな中でも気に入ってるのが下のふたつです。
  


Posted by ユウ at 16:56Comments(2)こどもの絵

2012年03月23日

頭足人

幼児が描く絵は最初は線をぐちゃぐちゃ。
次がまる。
そして顔らしきものになり、頭から手足が出ている頭足人を描く様になります。
この後に動物に発展するのかな?
この頭足人が私は好きなのです。

右上はカービィの原型みたいですね。  

Posted by ユウ at 09:53Comments(7)こどもの絵

2012年03月19日

子供の絵から

昨日の手塚治虫さんのキャラを作るより先に、こちらの方を木にスケッチだけ描きこんでいました。
それがきっかけでヒョウタンツギを思い浮かべたのです。
2~3才の子供の絵を元に作成した、ちょっと地味な感じがしますが、十数年前から作りたかったのはこういったものだったような気もします。


  


Posted by ユウ at 23:57Comments(5)こどもの絵

2012年03月13日

紙袋のパズル

ずっと置いてあったのに気づかないでいた紙袋。
開けてみる。
あれ?何だこれ!?
あ、そうだ、作った事あった。
15年前位、木工の会に属していた頃、展示会の出品作品として作成した。
レベル的に他の方と比べて稚拙なものである。
テーブルに出して並べてみた。出来ない。わからない。
ピースが足りないのかも・・・
確か元の写真も一緒にあったはず。
木枠もあったはず。
出品してからその後1度も見た事がなかったもの。
時々思い出さないと忘れ去ってしまうものってありますね。
それにしても随分細かくカットしたものだ。
今だったらこんなに細かくしない。
  

Posted by ユウ at 19:26Comments(0)こどもの絵

2012年01月12日

セーラームーン

コメントでセーラームーンが出てきたので、これにしました。

プレステのセーラームーンは私は遊んだ事はありません。
スーファミのドラクエとプレステのバイオハザードは少しやりました。FFもちょっと。
クイズ1.ペガサスの名前は?(私はいた事さえも覚えてない)
昔、男の子向けにファイブレンジャーとか流行っていましたが、今は女の子に絶大な人気なのがあるようですね。
若いお母さんが確かそんな事を言ってました。  

Posted by ユウ at 17:23Comments(2)こどもの絵

2011年12月29日

寒いですね


「あんまり寒いので〇〇〇〇〇」
というコメントを掲示板でiさんが入れてました。
「面白い!」
と思って、木のパズルに出来るかな?と考えたのですが、無理みたいなので描いたのがこのイラストです。
〇に入る言葉は何でしょうか?
絵を見て言葉にして言ってみてください。
寒いだじゃれ(誰じゃ)だと思ってください。
コメントナンバーは終了しましたので、明日皆さんのNoを発表します。
  

Posted by ユウ at 19:15Comments(2)こどもの絵

2011年12月06日

プリントスクリーン

再びですが、Anzuくんの組み木絵に関してまたアップしました。
なるべく、毎日ブログのタイトルに即した内容を綴っていこうとは思ってますが、早朝(夜中)の日付が変わってすぐ書き込む日もあれば、ギリギリまで迷う日もある。(むしろこちらの方が圧倒的に多い)
きょうはどうしようかと思っていたところakeさんのコメント。
そうか・・・このパターンを載せてみよう。
それも、ただレイアウトしても普通なので、パソコンから開く時画面をプリントスクリーンで切り取って・・・
プリントスクリーンはよく利用させていただいてます。
看板屋さんとデザインについて話した事があります。デザインの出来上がりを見れば、こんな単純なものが、と思えるものが、数万円だったり数十万円だったりしますが、出来上がりを真似て描くのは簡単だけど、そこに至るまでのプロセスが何度も切り捨てられてたり様々な経緯があるわけです。
この色付けを絵を起こす前にも、その前のスケッチの段階もあります。



でも時間をかけたものが必ずしも良いとは限らず、見た人が「いいなあ」と思ってくれればいいわけで、手間の価値を判断するのは二の次だと思います。
ブログの内容もまあまあ納得のいくものが載せられた、と思う日もあれば、書かない方がよかったかも、と思える日もあります。
そんなこんなの繰り返しですが、まだ続けていきます。

comentoNo.344~  

Posted by ユウ at 23:16Comments(0)こどもの絵

2011年12月04日

日本昔話


娘のスケッチブックから5枚アップしてみました。
この後もラスト場面までありますが、アップ重量の関係でカットしました。
5枚目の意味がよくわからない。
何のお話かはおわかりでしょうか?
絵がスライドショーにならなかったら、右メニュー「最近の記事」から「日本昔話」をクリックしていただくか、再度読み込みをして下さい。
再生回数は3回です。
アニメ作成は無料のGiamというソフトを使っています。
このソフトは教室の生徒さんに教わりました。





ラストの絵だけ追加しました。

comentNo.340~  

Posted by ユウ at 22:35Comments(2)こどもの絵

2011年12月03日

フィルターソフト

写真を絵画風にアレンジするソフトはいくつかありますが、仕上がりがきれいで1番気に入っているのが「バーチャルペインター」です。
お手軽に出来るという点では数万するフォトショップもかなわないと思います。

保存した画像をエレメンツで編集しています。

しまとらふずくさんから送っていただいた柴犬メイちゃんです。

comentNo.335~  

Posted by ユウ at 19:23Comments(5)こどもの絵

2011年11月16日

じゆうが


ブログの題材につまると何度かお世話になっている、娘の年長時のじゆうが帳。
この絵は演劇会でやった時の様子を描いてます。
ある童話が題材になってます。
未満児から年長さんまでの演劇は笑えて楽しかった。
未満児さんはハイハイしてだけの出演だったと思う。
  

Posted by ユウ at 23:38Comments(4)こどもの絵

2011年11月14日

あんず君

ボストンテリヤ2です。
最初の絵だけを見た注文主さんは一旦OKだったのですが、別のパターンの途中段階をお見せしたら
「こちらもいいよね」
第2のパターンも作成することになりました。
「見せなきゃよかったのに・・・」
と笑いながら言われました。
趣向を変えて、背景は渋くではなく明るめにしてみました。
名前は杏(あんず)君といいます。
バケツで遊ぶのが好きだというので、アクセントとして追加したのが下の絵です。



  

Posted by ユウ at 21:46Comments(0)こどもの絵

2011年11月08日

ボストンテリヤ

以前作ったブルドックの組み木絵を見て
「あら、これはフレンチブルドックですね」
「え、よくわかりますね」
「うちのはボストンテリヤだから・・・」
「うちのも作ってもらえます?」
と言って携帯に入っている写真を見せる。
「これ以外にも他にももっといい写真あるんだけど」
「パソコンに送ってもらえますか?」
「送り方がわかんないから来週連れて来ます」
そして今日、連れて来られたボストン君の撮影会を行いました。
その写真からいい表情のを選び出し描いてみましたが、なかなかベストの表情を出せない。20枚以上の表情を見て、実際の犬も見てるから雰囲気はこんなじゃなかった、と思える。
組み木絵のデザインとして1枚描きあげたが、最初描いたフレンチブルドックに比べるとオーソドックスすぎていまいちだなあ、と思える。
もうちょっと何枚か描いてみます。
飼い主さんにOKをいただいて、GOサインが出てから作成になります。

  


Posted by ユウ at 20:47Comments(0)こどもの絵

2011年11月02日

石ころ


河原で拾ってきた石ころに、水彩絵の具で魚らしきものなどを描いた。
これも何年も前に幼い娘が描いた物。
メモ押さえに使えない事もない。  

Posted by ユウ at 23:52Comments(0)こどもの絵

2011年10月27日

ストリートファイターⅡとアクセスエラー?

子供がアニメなどの影響を受け、キャラクターなどの絵を描き始めるようになると絵がつまらなくなる、という事を以前書きました。
これはゲーム機プレイステーションのソフトに長男が夢中になってる時の絵です。
キャラクターは似てないと思いますが、楽しんでる雰囲気が感じられて笑っちゃいます。

話は違いますがブログのアクセス数が右下に表示されてます。
今までどんなに多くても50前後だった数字が、午前中に300を超えていました。
ブログサイトのプログラムエラーが生じた、というメッセージが以前流れたのでたぶんそれだと思います。
それとも「手づくりTシャツプリント」のキーワードから多くのアクセスがあった?どなたかの影響力のあるサイトが紹介してくれた?原因不明です。  

Posted by ユウ at 19:08Comments(2)こどもの絵

2011年10月06日

香りの檜

ケヤキ、桂などといってもどんな木なのかなかなかピンとこない。
でもヒノキといえば「ああ、いい香りがする木」とみんなに馴染みの木です。
癒しの香りフィトンチッドの発散量が他の木と比べて段違いなのです。
この木の王様のヒノキを使って作ってみました。
やはり木の香りは抜群です。
色塗りはしないで電熱ペンで焦がしました。
ここまでやったところで電熱ペンに熱が伝わらなくなってしまいました。
壊れたみたい。あーあ。






     この絵を元に作りました。絵の右側はヒノキの葉です。  
タグ :


Posted by ユウ at 15:46Comments(2)こどもの絵

2011年10月04日

メモ用紙のカレンダー




娘が幼い頃メモ用紙12枚に描いた絵の部分だけをスライドショーにしてみました。


  

Posted by ユウ at 20:51Comments(6)こどもの絵